【支部長様】『5月号』月例競書作品の提出について(依頼)

4月号競書作品提出では突然のお願いにも関わらずほとんどの支部長様はじめ皆様にご協力いただき誠にありがとうございました。おかげさまで本日無事審査を終えることができました。心よりお礼申し上げます。
残念ながら5月号審査会も当初予定しておりました会場の休館が決定しており、通常の審査会が開催できません。つきましては支部長様には下記の通りご出品いただきますようお願い申し上げます。前回お問い合わせのあった事柄につきましても記載させていただいております。必ずご一読の上、ご協力賜りますようお願い申し上げます。

・締切(5月28日(木)必着)を厳守下さい。

・作品は「書朋」→硬筆・漢字・仮名・創作
(それぞれ部門別に分け、さらに用紙のサイズ別に分けて束ねて下さい)
「書の友」→硬筆と毛筆に分け、それぞれをさらに学年別に分けて下さい。
*小分けの方法にご注意下さい!
 ・古封筒にそれぞれを入れ、封筒表に「書の友・毛筆・3年」等書いて下さい。
 ・数が多くない支部は封筒に入れず、紙等を巻いてその上に「書の友・毛筆・3年」等書いていただいても結構です。
 ・さらに少ない支部は同一学年の作品出品券をクリップで留めて提出して下さい。
 以上のように種別ごとに小分けしたものをとりまとめて送付して下さい。

競書作品の仕分けは、通常の審査会では朝から全員で行っておりますが、現在は、審査部員の健康・安全面に留意して、時間帯を区切り少人数で作業にあたるため、仕分け作業にほぼ1日を要しております。作業にあたっている部員の健康管理のためにも何卒ご協力賜りますようお願い申し上げます。

*出品券の貼り間違えにご注意下さい!
大きな会場の確保が困難であるのと3密を避けるため、各部門で分かれて審査をしております。そのため出品券を貼り間違えた作品は、出品券不備となり、審査対象になりません。出品される前に今一度間違いがないかご確認下さいますようお願い申し上げます。

・送付先は〒520-0846 大津市富士見台3-18
宮川印刷(株)内 滋賀県書道協会4月号競書係(℡077-533-1241)のみとします。

上記と異なる方法で作品提出をされた場合は、審査できない可能性があります。締切を含め厳守下さい。

以上、何卒よろしくお願い申し上げます。

公益社団法人滋賀県書道協会 理事長 神田 浩